診療案内

入院生活について

入院中の注意点とすごし方

  • 医師や看護師からの指示は必ず守ってください。
  • 当院は駐車場・通路を含む敷地内全面禁煙です
  • 病院は大勢の方が出入りされますので、事故防止のため、たくさんの現金や指輪等の貴重品はお持ちにならないでください。
  • 当院では、携帯電話を使用していただけるエリアを設けています。周囲の迷惑にならないようにマナーを守って使用してください。
  • 病室でのテレビやラジオ等は、医師や看護師に相談のうえ、他の患者さんの迷惑にならないよう、 各自で用意されたイヤホン等でご利用ください。
  • 入院中の下着や衣類等の洗濯は、各病棟のコインランドリー(有料)をご利用ください。
  • 外出や外泊を希望されるときは、必ず、その都度医師や看護師に相談して許可を受けてください。
  • 非常事態が生じたときは、医師や看護師等職員の誘導に従ってください。
  • 入院中に、医師や看護師の指示に従わず無断で外出や外泊、喫煙、飲酒、暴力行為等または他の患者さんの療養に迷惑となるような行為等があった場合には、退院していただくことがあります。
  • 病棟には食堂を設け、お食事をゆっくりと召し上がっていただけるようにしています。また、 ご面会の場所としてもご利用ください。
  • 病院の売店では、新聞、書籍、パン、飲物、イヤホン、衛生材料等を販売しています。

 

お部屋について

病室は、個室Aタイプ、個室Bタイプ、4人部屋となっています。

個室をご希望の方は、病棟ナースステーション(スタッフステーション)へお申し出ください。

※個室への入室は、利用状況によりご希望に添えない場合があります。ご了承いただくようお願いいたします。

 

個室利用料(室料差額)

個室A(1日につき)料金(税込)
守山市内にお住まいの方 6,600円
守山市外にお住まいの方 7,700円
個室B(1日につき)料金(税込)
守山市内にお住まいの方 5,500円
守山市外にお住まいの方 6,600円

 

個室の設備・備品等

 洗面台ユニットバストイレ床頭台椅子テレビ冷蔵庫ロッカー
本館 個室A
本館 個室B
新館 個室A
新館 個室B

 

注意事項

  • 個室利用料については、午前中のみの使用でも1日の利用料となります。また一晩ご入院された場合は、1泊2日となり2日分の利用料が必要です。これは入院日数を、午前0時を境に歴日で計算する健康保険の算定上のルールに沿ったものとなりますので、ご了承ください。
  • 労働者災害保険については、患者さんのご希望での入室の場合、給付対象となりませんのでご注意ください。その他、自賠責保険については保険会社へご確認ください。
  • 院内での携帯電話の使用は、決められた場所でお願いします。
  • 緊急入院の患者さんや病室の利用状況などから、やむを得ず病室の変更をお願いすることがありますので、 ご協力をお願いいたします。

 

 入院着について

ご希望の方には、入院着を貸し出しております。

料金は次のとおりです。

入院着料金(税込)
1日 110円

 

お食事について

  • 朝食は8時頃、昼食は12時頃、夕食は18時以降です。食事場所は病室・病棟食堂となります。
  • 食事はすべて病院で用意いたします。病状によっては、糖尿病食・腎臓病食などを提供いたします。食中毒防止のため、食べ物、特に生ものはお持ちにならないようにお願いいたします。
  • 食物アレルギーがある場合には内容を調整いたしますので、主治医または看護師、管理栄養士にお伝えください。
  • 朝食についてはパン食も用意しています。希望される方は看護師にお伝えください。

 

付添いについて

      • 当院は、看護師が看護をいたしますので付添いの必要はありません。 ただし、患者さんの症状等でご家族の希望があり、主治医が必要と認めた場合に限り、 付添いが認められます。ご希望されるときは、病棟の看護師に申し出ていただき「家族滞在届出願」を病棟ナースステーションまでご提出ください。
      • 認知症で症状の強い方や不穏状態の強い方については、患者さんの安全上、 付添いを当院からお願いすることもございますので、ご理解ください。

 

指導・相談について

薬剤指導

当院では、入院患者さんに主治医が処方したお薬について正しく理解し、 服用していただくために、担当の薬剤師が病棟にお伺いし、お薬についてのアドバイスを行っています。 アドバイスを受けることについては、主治医または看護師にお気軽にご相談ください。

 

栄養相談

当院では、糖尿病、肝臓病、腎臓病、心臓病などの患者さんに対して、 栄養食事指導を行っています。入院中あるいは退院後の食事療法に関して希望がありましたら、主治医にご相談ください。

食事療法や栄養に関するご質問等がありましたら、 医師、看護師にお申し出ください。管理栄養士が病室へお伺いします。